FC2ブログ

明日へ踏み出します。

夫が亡くなって10日。

大きな悲しみは癒えることはありませんが、それでも少しずつ日常が戻りつつあります。
柔らかな陽射しの中だんだんと暖かくなり、桜のつぼみも膨らんできて・・・・・春という季節に救われているような気がします。

さて、このブログ・・・今日で終わりにすることにしました。

が、書きながら気持ちを整理して前へ進むという私のスタンスは変わりません。
そこで、新たにブログ開設することにしました。

これからの人生、夫との思い出を大切に、私なりに生きていきたいと思います。




今なお、病気と闘っているみなさん、家族のみなさん。

これから先も、ずっとずっとエールを送ります。

『それぞれの明日へ向かって。ガンバ!!!』



コメント・拍手をくださったみなさまへ

個々にお返事できずに、本当に申し訳ありません。
みなさんがいてくださったおかげで、元気にやって来れました。
本当にありがとうございました。
みなさまのこれからが、幸せでありますよう心よりお祈りいたします。
くれぐれも、お体ご自愛くださいね。






スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

nnkenichiさん

コメントありがとう。
お体に気をつけてくださいね。
これまで応援ありがとうございました。

No title

同じ時期に移植をしたので
自分の姿を見ているような気持ちもありました。
…とても残念です。
おつかれさまでした…

りゅきさん

いつも、応援ありがとうございました。
りゅきさんも、お体を大切にしてくださいね。

明日こそ さん

コメントありがとうございます。
妙齢なお年頃だけど、まだまだこれからですよね。
一日一日を大切に、ゆっくり歩いていこうといきましょう。

聖子さん

おにいさまの、一日も早いご快癒お祈りしています。
ガンバレ~!!!

聖子さんもお体には気をつけてくださいね。

No title

こんばんは
もう10日も経ったんですね。
まだ気持ちが落ち着かないとは思いますが、
『明日へ・・』踏み出していってください。
どうぞお身体の健康に留意されてください。
新しいブログにも訪問させていただきたいと思います。

こちらのブログで大切なことを学ばさせていただきました。
ほんとうにありがとうございました。

No title

こんばんは、はじめまして。今までコメントをしたことはありませんでしたが、いつもこちらへ伺っていた同年齢の者です。一歩踏み出されるのですね。陰ながら応援しております。

お元気で

お身体にくれぐれも留意されお元気で…新しいブログもぜひ訪問させていただきます。兄も一進一退を繰り返しながらがんばっております。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

スナフっち

Author:スナフっち
神奈川在住。
更年期な年頃の主婦です。
家族:夫 息子 猫♀1匹

夫が突然、急性リンパ性白血病(フィラデルフィア染色体異常)になり、2007年3月末緊急入院しました。
直後より、寛解導入療法をはじめ、無事完全寛解に至り、骨髄バンクに登録。

その後、2回の地固め療法を終了し、9月中旬、骨髄移植をしました。

9月末、肺の炎症が悪化、一時危険な状態になりICUにいきましたが、奇跡的に回復。
10月には、十二指腸潰瘍になってしまいました。
その後も、遅れて出てきたGVHDや、偽膜性大腸炎などに悩まされながらも、治療中です。

2008年1月、やっと血液データが上向きになりつつあると思った矢先、GBS(ギランバレー症候群)という難病を発症。

白血病とGBSのダブルパンチながらも頑張っている夫を支えるべく、私も踏ん張っています。

2008年7月、転院しました。
2008年10月末日、再転院しました。

一時は退院、通院しながら自宅療養を考えられるまでになりましたが、
2009年3月10日、肺炎のため永眠しました。




(血液データの基準値)
白血球 4.0~8.0
赤血球 4.10~5.30
ヘモグロビン 13.5~17.5
血小板 14.0~40.0



★このブログは、私が夫の病気をしっかりと受け止め、前向きにやっていくために記録しているものです。
詳しい病状や治療については、本人でないのであくまで私の感じたところですし、医療にはド素人ですので間違いもあると思われます。

もし、同じ病気の方がこのブログを訪れていただき読んでいただくことがありましたら、その点はご了承ください。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター